歌詞

陽はまたのぼりくりかえす

Dragon Ash

作詞
KENJI FURUYA
作曲
KENJI FURUYA

Slow Down 日常にあふれる繰り返すリズムにのせただようRhyme

さまざまな事があふれてる

今だからこそ伝えたいこのPoem

すぎて行く日々の中で忘れていた立ち向かおうとする姿勢

体勢たてなおし軌道修正

One two step Basket Shoesはけたら部屋から抜け出しone two skip

軽やかに歩きだしてこの胸つきさすBeat探して ただ吸い込む空気さえもむしばまれそうな時代で

それでも何かをさがして 夢を見つづける人もいたりして

Friends clap your hands put your hands in Air!


生まれながらに持ち合わせた結晶 多くの場合それは勲章 生きることに誇りを持ちつつ

少しづつすり減らして紋章消耗

やがてそれがなくなった時にそう真価を問われる事になるこの瞬間 裸一貫さぁ目を開けて見る日々

それは待つことをしらないロケット すぐに乗り込もうとするのではなく

目で見て耳かっぽじってきけ

陽はまたのぼりそして繰り返す寝ぼけてるひまなどない今だDive!

Friends clap your hands put your hands in Air!

さあ窓をあけ僕はただ手を振るよ さあ外へ出てもう少し歩けばいい


陽はまたのぼり繰り返していく僕達の上を通りすぎてく

生き急ぐとしてもかまわない理由がいる人は残ればいい


父への尊敬母への敬意あやまちを繰り返さないための努力 持続するたび消費してく余力

たえきれなくなるものは脱落

Hang in there hang around 踏みとどまってなんとか持ちこたえ答え探して

やがてくる死をただ待つより少しでも夢をかなえるためにみんな四苦八苦

Hi-ho キミの声ではじまるtoday tonight繰り返してる

あまりにも大きい存在感 瞬間に感じるこのDay and day

そう無邪気な天使さえも殺されてしまう時代で

それでも何かを信じて恐れを知らない人もいたりして

Friends clap your hands put your hands in Air!

さあ窓をあけ僕は手を差しのべて さあ手を伸ばし君はただ掴めばいい


陽はまたのぼり繰り返していく僕達の空をのみこんでいく

生き急ぐとしてもかまわない飛べるのに飛ばないよりはいい


Hang in there Body clap your hands put your hands in Air!

提供: うたまっぷ