歌詞

月灯りふんわり落ちてくる夜

小川七生

作詞
RYUZI
作曲
RYUZI

月灯りふんわり落ちてくる夜は

あなたのことばかり 考えても考えてもつきることもなく

月灯りふんわり落ちてくる夜は

貴方と2人きり 海のはてへと続く月の路歩きたい


南風がほほをなでてく やさしい手のひらのように

体中が貴方色した 夕闇にそまりそうで


風にのせ 伝えたい そんな想い一人抱きしめる


月灯りふんわり落ちてくる夜は

せつない言葉だけ 何度でも何度でもくりかえす波のように

ありふれた小さな恋の物語

エピローグだけみたい まっ白なページに笑顔のあなたがほしい


会わないでいられる恋なら いっそ気楽でいいよね

新しい朝がくるたびに ため息で夢がおわる


風にのせ 伝えたい そんな想い一人抱きしめる


月灯りふんわり落ちてくる夜は

あなたのことばかり 考えても考えてもつきることもなく

月灯りふんわり落ちてくる夜は

貴方と2人きり 海のはてへと続く月の路歩きたい

提供: うたまっぷ