歌詞

Reflection

林原めぐみ

作詞
MEGUMI
作曲
佐藤英敏

遠く近く鳴き交わす鳥達が

目覚めの朝を告げている

重い扉を開け放つ時が来た


幾度となく繰り返す

魂の叫びに

傾ける心もなく

さ迷っている

何度となく訪れる

昨日と明日の間

今日という日置き去りに

未来に泣いてる


愛がないヤツ程 愛を語って

優しく微笑んで 吠えてる

正義をかざして 人を連れている

気付かずに


今を生きるのに多すぎるわ

人生を惑わす雑音

優しさの中にある 罠

抜け出さなくっちゃ

自分の中にある本当の

答と向かい合えたら

少しずつ変わっていく

これからの私


今届かない言葉を

あきらめてつぐんでも

生まれた思い消えずに

闇に溶けてく

夢を描くことすらも

シュールにかたづけられ

熱望と拒絶の中

深くで泣いてる


夢がないヤツほど 現実に酔って

したり顔で寄ってくるよ

ぶつかることも 傷つくことも

上手に避けて


うまく生きるより無器用でも

私らしく歩きたい

冷たさの中にある 愛

感じとれたなら

止まったままの歯車が又

ゆっくりと時を刻む

求めてた自分の場所

必ず見つかる


夢がないヤツほど 現実に酔って

したり顔で寄ってくるよ

ぶつかることも 傷つくことも

上手に避けて


うまく生きるより無器用でも

私らしく歩きたい

冷たさの中にある 愛

感じとれたなら

止まったままの歯車が又

ゆっくりと時を刻む

求めてた自分の場所

必ず見つかる


今を生きるのに多すぎるわ

人生を惑わす雑音

優しさの中にある 罠

抜け出さなくっちゃ

自分の中にある本当の

答と向かい合えたら

少しずつ変わっていく

これからの私

提供: うたまっぷ