歌詞

光と影のロマン

宇徳敬子

作詞
宇徳敬子
作曲
宇徳敬子

ロマン語れば一晩中 疲れ知らずの all night long

恋する暇もないよ 波が押し寄せてくる


記憶の中を泳いでも 現実は cool and dry

愛を確かめたくて 何処に彷徨い行くの


遠い雲のように つかめないあなたに

ついてゆく 何処までも 心に誓って


いつか全てが解っても あなたを好きでいられること

たとえ戦う毎日に 明け暮れても

懐かしさで思う故郷 昔の自分映す

光と影のロマン 追いかけて


年下とわかっていても 生意気と知ってても

手にするものはすべて あなたへと繋がってく


いつかこの愛の 形が変わっても

胸焦がす 不思議な人のこと 探して


あの時言えなかったけど 裸になれなかったけど

まるで子供のように 無邪気になれたら

膝をかかえて見た夕日 胸に刻み込んだ

あなたの言葉 ずっと忘れない


夜空 見上げて 月の光浴びて

ほんの一瞬 感じた永遠が 愛しい


いつか全てが解っても あなたの愛を掴んでも

時に埋もれたように 流されない

ただ年をとるだけの大人には なりたくないよね

もう過去のために 泣いたりしない


気持ちが 一人で 動きだす Woo…

天まで 届いて 今にもはちきれ

あがいて もがいて どこまでも続くロマン

提供: うたまっぷ