歌詞

1/2

川本真琴

作詞
川本真琴
作曲
川本真琴

背中に耳をぴっとつけて 抱きしめた

境界線みたいな身体がじゃまだね どっかいっちゃいそうなのさ


黙ってると ちぎれそうだから こんな気持ち

半径3メートル以内の世界でもっと もっとひっついてたいのさ


かわりばんこでペダルをこいで おじぎのひまわり通り越して

ぐんぐん風をのみこんで そう飛べそうじゃん

初めて感じた君の体温 誰よりも強くなりたい

あったかいリズム 2コの心臓がくっついてく


唇と唇 瞳と瞳と 手と手

神様は何も禁止なんかしてない 愛してる 愛してる 愛してる

あたしまだ懲りてない 大人じゃわかんない

苦しくて せつなくて 見せたくて パンクしちゃう

そっぽ見て待ってるから ポッケの迷ってる手で ほっぺに触れて

恋してるチカラに魔法をかけて


いつも一緒に遠回りしてた 帰り道

橙がこぼれるような空に 何だか HAPPY&SAD


あたしたちってどうして生まれたの 半分だよね

一人で考えてもみるけど やっぱへたっぴなのさ


見えなくなるほど遠くに ボールを投げれる強い肩

うらやましくておとこの子になりたかった


澄んだ水のようにやわらかく 誰よりも強くなりたい

ちっちゃな頃みたい へんね涙こぼれてく


唇と唇 瞳と瞳と 手と手

同じもの同じ感じかたしてるの 愛してる 愛してる 愛してる

あたしまだ懲りてない 大人じゃわかんない

届かないって 言われたって このままジャンプしたい

バイバイのキスするから 最後の一歩の距離 ぐって抱いて

太陽がずっと沈まないように


一コの夕陽ぽつんとふたりで見てた きれいだけどもさ

なんか言えないね なんか足りないね…


ノストラダムスが予言した通り この星が

爆発する日はひとつになりたい

あったかいリズム 2コの心臓がくっついてく


唇と唇 瞳と瞳と 手と手

神様は何も禁止なんかしてない 愛してる 愛してる 愛してる

あたしまだ懲りてない 大人じゃわかんない

苦しくて せつなくて 見せたくて パンクしちゃう

そっぽ見て待ってるから ポッケの迷ってる手で ほっぺに触れて

恋してるチカラに魔法をかけて 太陽がずっと沈まないように

提供: うたまっぷ