歌詞

満員電車ひとめぼれ

SWITCH

作詞
尾上文
作曲
井上大輔

まといつくほど君から目が離せないよ

うなじから 背中へ なぞりたい男の純情

もんで(もまれて)踏まれて(はだけて)ラッシュの窓に映る顔

君となら ナイスな人生な恋ができるさ

うすく めくれた唇 どこか似ているその形

握る吊り革 汗ばむ ズボンの下が ぐずるぜ

いいひとだ(いきなりなによ)

なんか しょっぱい ひとめぼれ

とても いいひとだ(困った人)

でもなんだか 気にかかるわ


ゆるく流れて鎖骨の下でふくらんだ

ピタTにハマるね ふくみたい男の純情

ドアが開くたび焦る もう二度と会えないのかな

ずっとその目していたんだ 君は僕の半分さ

かんぺきだぁ(きめつけないで)

どうぞ いらっしゃい ひとめぼれ

とても かんぺきだぁ(会ったばかり)

でも ちょっとね その気になる


オレ ひとめぼれ

オレ ウー ワオ


オレ ひとめぼれ

オレ ウー ワオ


オレ ひとめぼれ

オレ ウー ワオ


オレ ひとめぼれ

オレ ウー ワオー

ワオー ワオー ワオー ワオー

ワオー ワオー ワオー


声をかけなきゃ 他人は他人のままだね

恋心 かゆいね 胸の奥をかきむしるよ


いいひとだ(いきなりなによ)

なんか しょっぱい ひとめぼれ

とても いいひとだ(困った人)

(でもなんだか 気にかかるわ)

かんぺきだぁ(きめつけないで)

どうぞ いらっしゃい ひとめぼれ

とても かんぺきだぁ(会ったばかり)

(でも ちょっとね その気になる)

君に純情 ひとめぼれ

提供: うたまっぷ