歌詞

Moon

LAZY KNACK

作詞
香月優奈/田形美喜子
作曲
石井妥師

急に誘ったから 水着なんてなくて

月の光で泳いだね

濡れた長い髪も のぞきこむ瞳も

忘れられない 永遠


後に引けないキスを 拒む君に

背中向けて 傷つけてた 他に知らなかった


海はあの日と同じ色して

ただ抱きしめられたら

冷えた防波堤に 腰かけて

このままじゃ帰れなくなる そこにいる気がして


僕の右の肩に体あずけながら

靴をはいて ほほえんだね

どんな一言でも ふいに崩れそうで

無口になった 瞬間


ぎくしゃくしたことも忘れたふり

あしたの夢 聞いてくれた やさしさが痛いよ


切れそうな月と激しい風に

ただ抱きしめられたら

君に胸を張れる生き方

転んでも失くしたくない 誰に笑われても


すれ違う偶然 それもなくて

今は誰がそばにいるの? いい奴ならいいさ


切れそうな月と激しい風に

ただ抱きしめられたら

君に胸を張れる生き方

転んでも失くしたくない


切れそうな月が傾きだす

冷めない気持ちのまま

立ち上がり 砂はらいながら

歩きだす ここから全て 夜が明ける前に

提供: うたまっぷ