歌詞

ご機嫌ななめ

水田竜子

作詞
千家和也
作曲
幸耕平

水割りをあたらしく

涙の指紋がグラスについてるから

あらためて乾杯を

大人を気どってサヨナラしましょ

キッスの手ほどきしかけておいて

膝に乗るくせつけさせといて

アバヨですかー

欲しかったのはこころ それともからだ

わたしご機嫌ななめ

愛されたのは上辺 それとも中味

この場で答出して


想い出に酔ってると

言葉の刃があいだを行き交うから

にぎやかにはなやかに

パーティみたいにサヨナラしましょ

服のぬぎかた教えておいて

腰をだいた手あっさり引いて

アバヨですかー

飽きられたのはこころ それともからだ

わたしご機嫌ななめ

愛されたのは一部 それとも全部

どちらか証拠見せて


熱いシャワーを浴びさせといて

髪をみじかく切らせておいて

アバヨですかー

捨てられたのはこころ それともからだ

わたしご機嫌ななめ

愛されたのは男 それとも女

最後にけじめつけて

提供: うたまっぷ