歌詞

いばらの冠

中谷美紀

作詞
松本隆
作曲
坂本龍一

いばらの冠が

哀しみに棘を刺す

あなたを恋しがる

ジェラシーをつらぬいて


波が竪琴みたい

携帯電話ごしに聴いて

あなたの硝子の家

私壊したみたい


このまま海の底

沈みたい気分なの

私を消去して

降り注ぐ星の粉


指が触れると 私

生きてる薔薇になれた

生命のアルペジオが

身体中を焦がした


いばらの冠が

この髪にくいこむの

あなたへと未だ靡く

魂を縛るため


このまま眠りたい

星の降る桟橋で

夜明けに凍えてる

亡骸を抱きにきて


ほら 夏の木漏れ陽がきらきら

すみれ探してあなたと垣根ごし

出逢った瞬間まなざしに吸い込まれた

少女の固い繭を 脱ぎ捨てて 私は

天使の翼拡げる

提供: うたまっぷ