歌詞

夏のめぐり逢い

加山雄三

作詞
三浦徳子
作曲
弾厚作

抱いた肩が ふるえているよ

も一度約束 くちづけでして

夏の終わり 偶然逢った

避暑地の出来事 僕の目の前に

お茶ぐらいは つき合ってくれよ

HotelのCafeで 人目を気にしてる

ミセスらしい 落ち着きを見せ

乱れた吐息を 整える人よ


煙草吸うの はじめて見たよ

それだけあれから 季節が過ぎた

君の電話 聞かずにおこう

必ず逢えると 予感がするから

潮騒が ひびいて来るよ

いつも夏は 君とすごしていた

急な雨に 濡れてみないか

乱れたハートを 整える人よ


潮騒が ひびいて来るよ

いつも夏は 君とすごしていた

急な雨に 濡れてみないか

乱れたハートを 整える人よ

提供: うたまっぷ