歌詞

サヨナラは私のために

松本伊代

作詞
川村真澄
作曲
林哲司

人混み 見降ろすバスのシートで

涙が流れて来たら どうしよう


逢えない理由のひとつひとつが

景色と重なるたび 虚しくて


優しくしたいと 思う程

深く 愛せなかった


サヨナラは私のために

それとも あなたのために

楽しい日々は 無駄じゃないけど

約束もできないくせに

電話を かけて来ないで

心から嘘ついたの それも自分に


はじめて送ってくれた夜には

二人は なかなか 帰れなかった


思い出 ぼんやり 浮かべていると

しあわせなんて 何か わからない


泣いただけ 強くなれるなら

それは 誰のためなの?


サヨナラは私のために

いつかは あなたのために

きれいになって 困らせたくて

髪を今 伸ばしてるのよ

でも もう逢いたくないと

心から嘘ついたの それも自分に


サヨナラは私のために

いつかは あなたのために

きれいになって 困らせたくて

髪を今 伸ばしてるのよ

でも もう逢いたくないと

心から嘘ついたの それも自分に

提供: うたまっぷ