歌詞

待ちくたびれてヨコハマ

柏原芳恵

作詞
荒木とよひさ
作曲
三木たかし

海の見える丘は 風が強くて

あなたの胸に頬 うずめて泣いた あの日ヨコハマ

どこにいるのあなた 何をしてますか

カモメが見つめてた 二人の恋は どこに消えたの


待ちくたびれて 嫌いになれぬ この想い

淋しがり屋に 私をさせて そのままで

ああ いますぐ ああ 逢いたい

待ちくたびれて それでも あなた恋しがる


せめて声だけでも 聴かせてくれたら

ベルの鳴らぬ電話 部屋に残して ひとりヨコハマ

女にはわからぬ つき合いならば

私のことなんか 置きざりでいい 夕陽の中に


待ちくたびれて なおさらつのる この想い

淋しがり屋の 愛のいたみを 抱きしめて

ああ いますぐ ああ 逢いたい

待ちくたびれて ひとりヨコハマ歩いても

待ちくたびれて それでも あなた恋しがる

提供: うたまっぷ