歌詞

少女

五輪真弓

作詞
五輪真弓
作曲
五輪真弓

あたたかい 陽のあたる

真冬の縁側に

少女はひとりで

ぼんやりと坐ってた


つもった白い雪が

だんだんとけてゆくのを

悲しそうに見ていたの

夢が大きな音を

たてて崩れてしまったの


あたたかい 陽のあたる

真冬の縁側に

少女はひとりで

いつまでも坐ってた


木枯しがのぞいてる

垣根のすきまから

少女はいつも

遠くを見つめてた


かわいい仔犬たちが

年老いてゆくのを

悲しそうに見ていたの

夢が風の中で

あせて消えてしまったの


木枯しが通り過ぎる

垣根の向こうに

少女はいつか

行くことを知っていた

提供: うたまっぷ