歌詞

白い夏

岡村孝子

作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子

青い空に届きそうな海が広がってる

子犬がしぶき受けて 波とたわむれてる


強い風をさえぎる時 肩を抱いてくれた

あなたの細い腕が 不意に恋しくなる


今 同じ海で 風が変る せつないほど

もう帰れないと 何かに背を押された


灼けた砂に寄りそってる 若い恋人達

ときめくその瞬間 そっと繰り返して


会わなくなるその理由さえ 思い出せないほど

時間は流れたのね 二人過去の中


あの夏のように 白い雲が空を泳ぐ

もう忘れたよと 笑ったあなたのよう


あの夏のように 白い船が海を泳ぐ

もう歩きなよと 手を振る誰かのよう


青い空に届きそうな海が広がってる

短い吐息の後 砂をはらった


短い吐息の後 砂をはらった

提供: うたまっぷ