歌詞

風は海から

岡村孝子

作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子

海の見える国道沿いの店

壁にかかったメルヘン画 四季を彩る

次の夏もきっと会おうと

言って笑うあなたの眼は壁を見つめる

約束がほしい訳じゃないけれど

時折答えのない愛につかれてしまうの

風は海から海へと帰るもの


いつか絵本の中で見た空

パステルクレヨン散りばめた不思議な世界

ずっとあなたは同じ色の夢

探し求めて行く人と信じてたのに

大切にしてるあなたの彼女は

私の知らない空の下生きてるのですね

風は海から海へと帰るもの


どんな夜が遅くなっても

あなたを急がすあの人がいなければいい

時を止めて二人きりでも

きっと交わるはずのないレールの二人ね

同じ時の中めぐり逢えたのに

このままいつかはすれ違い生きてくのですか

風は海から海へと帰るもの


風は海から海へと帰るもの

提供: うたまっぷ