歌詞

潮の香りの中で

岡村孝子

作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子

潮の香りの中 二人黙ったまま

別れの気配を 悲しいほど感じて

夕べ考えてた言葉口にできず

私の気持ち知らずに 行ってしまうのね


こんなにも あなただけ愛したのに

好きですと言えなくて ごめんなさい

もう二度とあなたには会えないから

わかってほしかった


今 あなたの後ろ姿を 一人きりで見送ったけど

ぬぐいきれず涙ひとつぶ こんな私は ばかね


風が冷たいから 泣いているだけなの

本当よ 誤解しないで もうさよなら

そっと呼びとめたい 肩を抱きしめたい

今なら間に合うくせに 強がってみたの


どうしても 素直にはなれなかった

わがままな私です ごめんなさい

できるならそばにいて 私のこと

みつめてほしかった


今 港の見える丘には 海をみつめる 忘れな草

風に吹かれゆらりゆれてる まるで私のように


今 港の見える丘には 海をみつめる 忘れな草

風に吹かれゆらりゆれてる まるで私のように

提供: うたまっぷ