歌詞

残り火

五輪真弓

作詞
五輪真弓
作曲
五輪真弓

雨にうたれて 何故か悲しげな

花は かげろう 秋は 気まぐれ

街の灯りが 蒼くにじむのは

今はもどらぬ あなたのせいよ

だけどわたしは 今ここにある

愛の残り火で 色あせた枯葉を

もやしながら

過ぎた日のぬくもり

手さぐりで さがしてる

人は季節におどる迷い子


胸にのこされた 古い傷あとを

抱いて生きずく 恋はたそがれ

そして春を恋う 寒い涙さえ

今はたよれぬ 行きずりの友


だからわたしは 今もう一度

めぐり来る季節の あら波に 小舟を

うかべながら

あなたの知らない

誰かに身を寄せ

夢路をたどるの あなたを忘れて


だからわたしは 今もう一度

めぐり来る季節の あら波に 小舟を

うかべながら

あなたの知らない

誰かに身を寄せ

夢路をたどるの あなたを忘れて

提供: うたまっぷ