歌詞

夏の午後

大浦龍宇一

作詞
小林武史
作曲
小林武史

夏の午後 水をまいてる

通りに風が潜んでいる 午後

僕はまだ 忘れられずに

あの夢のつづきが見えない


でも 待っている

君 求めている 痛みも覚えてる

闇の中で光も感じてる

夢のように 消えて行くなら

流れて行くならば 君を探そう


夏の午後 猫が日影で

暮れて行くときを過ごしてる 午後

夕暮れの世界なら 今

蜃気楼のように消えて行くだろう


でも 待っている

君 求めている 痛みも覚えてる

闇の中で光も感じてる

夢のように 消えて行くなら

流れて行くならば 君を探そう


いつも 丘の上で 佇んでいる

君が心に すべて 疲れたときに

聞こえる あの歌

君はまだ涙にくれないで Time goes by

すべて疲れたときに聞こえる あの歌


夏の午後 水をまいてる

提供: うたまっぷ