歌詞

二人だけのSTORIES

小野正利

作詞
小野正利
作曲
鶴由雄

今始まる 二人だけのSTORIES

どんな時だって 君と歩いてく


世界中で君だけに 伝えたいよ

溢れ出すこの想いを

いつまでも 忘れないよ


待ち切れぬ様に 風に髪を振って

ゆるやかな坂道

素早く君は 駆けてく


"夏が始まるね"両手を風に当てて

照れたよなふりをして

ウインクしてみせる


はしゃぎ回った後は 僕に飛びついて来る

今も変わらない

あの日と同じ君が ここにいる

いつだって


時を越えて 二人だけのSTORIES

果てしなく続く この空の様に


世界中の幸せを 贈れそうさ

止まらないこの想いを

いつまでも 抱きしめるよ


強い潮風と 白く輝く波

あの日を見つめてる

君の瞳が 揺れてる


ゆずれぬ想いに

僕は優しさ忘れ

何もかも傷つけた

君さえ見えなくて


今もまだ君の声

せつなく胸に響く

涙浮かべてた

あの日と同じ君が 傍にいる

いつだって


君と二人ずっと歩いてきた

どんな時だって君を守ってく


世界中で君だけに 伝えたいよ

溢れ出すこの想いを

いつまでも 忘れないよ


今始まる 二人だけのSTORIES

果てしなく続く この空の様に


世界中の幸せを 贈れそうさ

止まらないこの想いを

いつまでも 抱きしめるよ


君と二人ずっと歩いてきた

どんな時だって君を守ってく


世界中で君だけに 伝えたいよ

溢れ出すこの想いを

いつまでも 忘れないよ

提供: うたまっぷ