歌詞

むさし野詩人

野口五郎

作詞
松本隆
作曲
佐藤寛

繁華街から静かな道へ

あなたの涙たどって行くよ

灯りの浮かぶ公衆電話

今はあなたの影も見えない

むさし野公園ひとりきり

あなたの想い出集めたよ

20才の春ははかなくて

生きてる事は哀しい詩だ

15行目から恋をして

20行目で終ったよ


映画帰りにここまで来たね

ラブ・シーンには顔を伏せてた

染まった頬のうす紅色が

池の夕陽にこわれて揺れた

むさし野公園ひとりきり

芝生を横切る長い影

20才の春は短かくて

お見合いの事悩んだあなた

あの時ぼくがなぐったら

あなたはついて来たろうか


むさし野公園ひとりきり

再びここには来ないだろう

20才の春は淋しくて

手を花びらがすり抜けてゆく

恋を失くした人はみな

寒い詩人になるという

提供: うたまっぷ