歌詞

順子

やしきたかじん

作詞
鹿紋太郎
作曲
鹿紋太郎

不思議だね 今こうして 君を抱きしめてるなんて

いくつもの偶然が 二人引き合わせた

はじめから感じてたよ 遊びですむ恋じゃないと

言葉さえ もどかしいほどに わかり合えた


遠く離れていても心 堅く結ばれていたよね

逢えない夜も 夢の中を訪れて ひとつになれる


もう順子 離さないよずっと

一緒ならどんな道でも きっと歩いてゆける

だから順子 いつもそばにいて

海のような瞳で 僕を見つめてておくれ


何ひとつ欲しくはない 君とめぐり逢えただけで

とこしえの安らぎに 僕は包まれてる

ありふれた 科白などで 言い尽くせはしないけれど

確かだね運命は 誰も逆らえない


信じ合えたら たとえ明日が見えなくても 怖くないさ

闇の中でさえ魂が 僕らをつないでいるから


さあ順子 小さな船いま

二人漕ぎ出してゆくのさ 星の地図を頼りに

そうさ順子 長い旅だけど

君を守ってみせる 一番大事な君を


もう順子 離さないよずっと

一緒ならどんな道でも きっと歩いてゆける

だから順子 いつもそばにいて

海のような瞳で 僕を見つめてておくれ

提供: うたまっぷ