歌詞

忘れな草をもう一度

中島みゆき

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき

ふいに聞いた 噂によれば

町はそろそろ 春のようです

君のいない 広い荒野は

いつも 今でも 冬というのに

君の町は 晴れていますか

花の種は 育ちましたか

僕はここで 生きてゆきます

未練な手紙になりました

忘れな草 もう一度 ふるえてよ

あの人の思い出を 抱きしめて

忘れな草 もう一度 ふるえてよ

あの人の 夢にとどけ


春や夏や秋が あるのは

しあわせ行きの 駅の客です

君を乗せた 最後の汽車が

消えた荒野は 長い冬です

君は今も 咲いていますか

誰のために 咲いていますか

僕はここで 生きてゆきます

未練な手紙になりました

忘れな草 もう一度 ふるえてよ

あの人の思い出を 抱きしめて

忘れな草 もう一度 ふるえてよ

あの人の夢にとどけ


君は今も 咲いていますか

誰のために 咲いていますか

僕はここで 生きてゆきます

未練な手紙になりました

忘れな草 もう一度 ふるえてよ

あの人の思い出を 抱きしめて

忘れな草 もう一度 ふるえてよ

あの人の夢にとどけ

提供: うたまっぷ