歌詞

桜の降る街で

沢田知可子

作詞
夏目純
作曲
山口美央子

いつでも 待たされてた 古いカフェテリア

空地に なったわ

あなたの異動辞令 聞いて泣いた席には

今は もう戻れない

桜の降る街が 寒い…

涙ふくより その夢に ついて行けばよかった

待たせてると 泣かせてると

いたわる声のあなたこそ 淋しいと

気づきたかった


誰かと暮らす春は

きっと 暖かね

複雑な気持ち…

あなたの夢のパズル

足りないものがあるなら

それは 愛だったのね

桜が降る 降り続ける

強がる彼を 優しさで もっと支えたかった

悔やまないで 微笑んでと

伝えることも ないままに

思い出が 風に散ってく


ねぇ 元気なの? 変わらずに 忙しいのでしょう

もう 無理したら いけない

あなたなら うまくゆくから


桜が降る 降り続ける

舗道うずめる思い出は 今も 眩しいけれど

あなたらしく 生きて欲しい

祈る心のてのひらを いつまでも

振り続けてる

提供: うたまっぷ