歌詞

雨の日はバラードで

やしきたかじん

作詞
ありそのみ/谷口雅洋
作曲
谷口雅洋

すれちがう車の ワイパーごしに

偶然貴女を見た 夕暮れの Rainy Town

黙って僕の手を ふりほどいた日

言訳になるだけと 離ればなれの 心を閉ざした


雨の日はバラードで 貴女を思い出そう

貴女がいつも口ずさんでた この Sad Song

飾らない言葉には 優しさがある

最高の出会いだった たしかに言えるさ 今も


白い壁にもたれ 過ごした部屋も

窓から見てた街も かわらない Memories

愛しているなんて 言わずにいたよ

お互いの胸の中で

きっと伝わる 気がしていたのさ


雨の日はバラードで 貴女を思い出そう

貴女がピアノでひいてたあの日の Good Song

気がつけば終ってた そんな二人を

時おり何処からか 見つめているのさ 今も


素敵すぎる恋はいつも 通り過ぎてしまう

あの日を追いかけずに 貴女を想い出にかえす

貴女を想い出にかえす

提供: うたまっぷ