歌詞

大阪恋物語

やしきたかじん

作詞
鹿紋太郎
作曲
鹿紋太郎

大阪恋物語 安物の恋か知れんけど

うちは死ぬまで忘れんからね 誰よりも素敵な人


金色に染まった街が 哀しいほどきれいやね

二人見降ろす人の河 どこへ流れるんやろ


うまいこと言われへんけれど 夢追いかけるあんたを

待てないうちのせいやから 自分のこと責めたらあかんよ


大阪恋物語 安物の恋か知れんけど

うちは死ぬまで忘れんからね 誰よりも素敵な人


ずっとどこかで 見つめてるから

必ず 星を掴んでね


もう5年早く逢えたら 夢中でついて行けたよ

多分女は男より ずるい生き物やね


言い出した別れやけれど 何故か涙止まらへん

輝いた日の思い出を いつでも胸に抱いて生きるよ


大阪恋物語 今幕を閉じてゆくけど

あんたこの世でただ一人だけ 魂で愛せた人


生まれ変わって また逢えたなら

今度は 離れないからね


大阪恋物語 安物の恋か知れんけど

うちは死ぬまで忘れんからね 誰よりも素敵な人


ずっとどこかで 見つめてるから

必ず 星を掴んでね


必ず 星を掴んでね

提供: うたまっぷ