歌詞

暮れゆく街で

MY LITTLE LOVER

作詞
小林武史
作曲
小林武史

何を探し求め どこへ行くのかわからずに

あなたの住む街を 一人彷徨い続けてた

何より あなたを必要としてる 誰かのため

通い合っていた気持ちから 手を離す


いくら愛し合っても どんなに信じ合っていても

それぞれに答えや 迷いがあることは知ってる

痛みと悲しみは 何処かで覚悟してたけど

いつでも 陽気な顔で気付かぬふりした


不意に 何の迷いもなく交された笑顔

その時 もし目の前で 思いっきり泣けたなら


少ない言葉数 黙ってわかり合ったけれど

もっともっと恋の気持ちを伝えればよかった

にぎわう街並みの中 背中ただ見つめたけど

暮れゆく空の下 強く強く抱き合う


握り締めていた手を ゆっくり解いてゆく

その時 あなたがまるで他人の様に見えた


夜へと向かう電車が 灯るランプの様に

時々 霞んでは消え あしばやに流れてく


握り締めていた手を ゆっくり解いてゆく

悲しい程 愛してるあなたが他人になる

提供: うたまっぷ