歌詞

秋からも そばにいて

南野陽子

作詞
小倉めぐみ
作曲
伊藤玉城

好きよ… 好きよ… はなれないで 夏は遠く かすむけど

そらさないで みつめていて 愛を深く 感じたい


秋の風が

窓をたたく コテージ

二人きり 仲間には

ないしょの旅ね


きっとみんな

ぬけがけだと 怒るよ

つぶやいた 横顔が

少し微笑んだ


瞳をふせて

あなたの胸に

ゆっくり私

もたれていったの


そっと… そっと… 愛してるって 耳のそばで ささやいて

こわれそうな 勇気だから つつむように 抱きしめて


まぶたの奥

強い陽射し 浮かぶわ

グループで 出逢ったね

夏の高原


そっけなくて

でも本当は 優しい

読みにくい 性格の

あなたに魅かれた


冷たい夜が

長い季節も

ときめく心

重ねてゆきたい


ずっと… ずっと… 愛してるって 耳のそばで ささやいて

髪をなでる あなたの手に 頬をよせて くちづけた


好きよ… 好きよ… はなれないで 夏は遠く かすむけど

そらさないで みつめていて 愛を深く 感じたい

ずっと… ずっと… 愛してるって 耳のそばで ささやいて…

提供: うたまっぷ