歌詞

夕暮れの女

杉田二郎

作詞
荒木とよひさ
作曲
金田一郎

胸の奥に 熱く燃えるもの

いつもあなた 感じているから

人前でも 恥ずかしいくらいに

指を噛んで 心を鎮めるけれど

三日も逢わず 電話もくれず

離れていれば 心が破けてしまいそう

待つ身の女に なりたくないけど

こんなにも 愛したことはないから


長い夜は 夢も汗ばんで

喉の渇き ふさいでくれない

身体よりも 本当は隣りで

腕枕で 眠れるだけでもいいの

あしたになれば きっといい日に

紺い背広で 日暮れに帰ってくれるはず

待つ身の女に なりたくないけど

こんなにも 愛したことはないから


三日も逢わず 電話もくれず

離れていれば 心が破けてしまいそう

待つ身の女に なりたくないけど

こんなにも 愛したことはないから

提供: うたまっぷ