歌詞

嘘つきダイヤモンド

井上陽水

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

ヒビ割れた砂漠からはバラクーダー

ひからびたラクダ達のイマジネーション

休ませてもう 日が暮れた今日

長すぎる道をたどるアラビアン

だけど恋する以上 果てしない話

王様とお后の瞳に浮かんだ

嘘つきで さりげなく光るダイヤモンド


なけなしの金をさばくカードディーラー

暗がりな部屋の中を浮き沈む月

時々はHigh ほとんどがLow

トキメキはめくるまでのサスピション

だけど恋する以上 夢のない話

最後に配られたカードの裏には

嘘つきで さりげなく光るダイヤモンド


たそがれた街はすでにおとぎ話

あかぬけたモデル達の野蛮な水着

のぞくのはジョー つれないなゲイ

欲望を確かめ合うレズビアン

だけど恋する限り 罪のない話

真夜中にそびえ立てた中指の根元に

嘘つきで さりげなく光るダイヤモンド


気がついた時はすでに南極あたり

寒すぎて忘れかけた孤独な旅路

凍えたらヒョウ 降りしきるSNOW

ここからは北極までが君しだい

だけど恋する限り 果てしない話

オーロラの扉を祈りながら開けたら

嘘つきで さりげなく光るダイヤモンド

提供: うたまっぷ