歌詞

スタートライン

海援隊

作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣

夜明け前の薄暗い道を

誰かがもう走っている

拾った小石で誰かが書いた

アスファルト道のスタートライン

寒い身体を言い訳にして

町は眠ってる曇り空の朝に

自分の汗で自分を暖めて

寂しさ目指して走る人がいる


今 私達に大切なものは

恋や夢を語りあう事じゃなく

一人ぼっちになる為のスタートライン


雨が降ってる町の公園で

誰かが一人濡れている

待たせてばかりの恋する人に

靴のかかとで描いたピリオド

素直な奴ほど傷ついてしまう

みんな上手にふざけて生きるのに

たったひとつの別れの為に

真っ直ぐ涙を流す人がいる


今 私達に大切なものは

恋や夢を語りあう事じゃなく

一人ぼっちになる為のスタートライン


夜の川原の長い一本道を

誰かがまだ走っている

星を見上げて走り続ける

誰かが書いたスタートライン

向こうの岸辺はあんなに明るく

町の灯が夜を焦がすのに

微かな星の光を探して

闇を選んで走る人がいる


今 私達に必要なものは

光り溢れる明るい場所じゃなく

闇に向かって走り出す為のスタートライン

提供: うたまっぷ