歌詞

ドキドキ

JUDY AND MARY

作詞
YUKI
作曲
恩田快人

鼻先をくすぐる風に少し照れ笑いして

歩道を渡る仔犬のむれは足早に歩き出してる

ママのつくったプディングはバニラの匂いがした

公園まではあと少し 口笛を吹いてる


長い髪に憧れた 夜に降る雨は好きだった

フラれて泣きべその帰り道 おしゃべりは助けてくれた

見上げるほど高い向日葵はみんなの匂いがした

"もう二度と会えなくなるの?"

それが聞けなかったの


空をあおいで 手を叩いて

大地にキスをするような

生まれたての物語と

果てしない胸騒ぎ


陽はおちる あたしの上に

消えないで 胸のドキドキ


季節が変わってゆくたびあたし達は歩きだす

公園まではあと少し 口笛を吹きながら


空をあおいで 手を叩いて

大地にキスをするような

この想いが 強いのなら

傷ついて かまわない


歩き疲れたら 叫びだして

暗闇を恐がるような

子供の瞳に 映る虹は

こわれる事を 知らない


手をのばして 光に顔を照らして

提供: うたまっぷ