歌詞

ゆきうさぎ

奥井亜紀

作詞
奥井亜紀
作曲
奥井亜紀

雪の降らない 冬が来るたび

ひとり想う 遠いふるさと


さよならさえも 言わないままで

君を残し ここに来たけど


雪の舞うホーム (最終列車)

立ってたあの娘 白いセーター


まるで雪うさぎ 丸めた両肩

音もたてないで つもったわた雪


愛は結局 自分のために

人を好きに なると言うけど


何も求めず ただおだやかに

ぼくを見てた そんな君だった


けがれを知らない (あの娘はまるで)

結晶集めて できたうさぎ


夢がこわれるたび あの娘が泣いてる

まるで雪うさぎ 想い出にとけない


都会の暮らしに (疲れてく心)

誰かを傷つけ 増えてくうそ


"君の想い出に ぼくはまだいるの?"

"澄んだ瞳のなか どんなふうに見えるの?"


冬が来るたびに 心が凍えて

赤い目をしてた 君は雪うさぎ

声もたてないで さらさら泣いてた

提供: うたまっぷ