歌詞

眠り

ZARD

作詞
坂井泉水
作曲
坂井泉水

淋しさに戦う夜には

誰かの声が聴きたくて

手帳を見ても 誰にも電話するところがないし

なんとなくテレビをつけても むなしい気持ちが広がって

誰かにたった一人でいいから いつも気にかけていてほしい


そんな夜は お風呂にひざをかかえて入り

色々な事を 子供の時の事や学生時代の事


そして昔 好きだったあの人の事を想い出す

そうしているうちに眠りが やさしく私を誘う


ねえ友達に 裏切られた事ってない? Woo Yeah

土足で心に踏み込んだこと きっと気づいてない


だから昔 好きだったあの人の事を想い出す

そうしているうちに眠りが やさしく私を誘う


眠れる事が嬉しい 時計が遠くで聞こえる

提供: うたまっぷ