歌詞

無邪気な君が愛しい

米倉利紀

作詞
真間稜
作曲
川上進一郎

太陽が泣いても まちがい許さず

咲き誇る 一輪の花

うるわしさ誰もが 知らず知らずひきこまれ

愛を誓えば

はみだした口紅 君らしい悪戯は

それさえも いじらしい罠

身をまかすふりして 掴えても掴めない

むなしい現実


泣きごと言わず 涼しい顔して

大丈夫なんて まだ甘えないつもり


無邪気な君が愛しい そんなに強くならないで

責めようのない 完璧な君

素顔の君が愛しい 髪を撫でてあげるから

疲れた心 癒せばいい


勝負にもならない 恋のゲーム勝てば

たやすい愛に ただ 飽きて

鮮やかな時間じゃ 何か何か足りなくて

やすらぎ探すよ


ゆだねる心 忘れているなら

この手をとって みちびいてあげるから


無邪気な君が愛しい そんなに悲しくならないで

寄せつけないね 美しい君

素顔の君が愛しい 涙もうギリギリだよ

恐れちゃだめさ 泣いたらいい


たしかに全てが 完璧だけれど

気づいちゃいないね君は

淋しさの鎖で 身動きとれなくなるよ

求めてくれ 疲れたのと

Ah-僕の愛 求めて


無邪気な君が愛しい そんなに強くならないで

責めようのない 完璧な君

素顔の君が愛しい 髪を撫でてあげるから

疲れた心 癒せばいい


無邪気な君が愛しい そんなに悲しくならないで

寄せつけないね 美しい君

素顔の君が愛しい 涙もうギリギリだよ

恐れちゃだめさ 泣いたらいい

提供: うたまっぷ