歌詞

やまねこ

中島みゆき

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき

女に生まれて 喜んでくれたのは

菓子屋とドレス屋と女衒と女たらし

嵐あけの如月 壁の割れた産室

生まれ落ちて最初に聞いた声は 落胆の溜息だった

傷つけるための爪だけが

抜けない棘のように光る

天からもらった贈り物が

この爪だけなんて この爪だけなんて


傷つけ合うのが わかりきっているのに

離れて暮らせない 残酷な恋心

ためにならぬあばずれ 危険すぎるやまねこ

1秒油断しただけで

さみしがって他へ走る薄情な女

手なずけるゲームが流行ってる

冷たいゲームが流行ってる

よそを向かないで 抱きしめて

瞳をそらしたら きっと傷つけてしまう


ああ 誰を探して さまよってきたの

ああ めぐり逢えても

傷つけずに愛せなくて 愛したくて

怯えている夜


傷つけるための爪だけが

抜けない棘のように光る

天からもらった贈り物が

この爪だけなんて この爪だけなんて


手なずけるゲームが流行ってる

冷たいゲームが流行ってる

よそを向かないで 抱きしめて

瞳をそらしたら きっと傷つけてしまう


(傷つけるための爪だけが)

(抜けない棘のように光る)

(天からもらった贈り物が)

(この爪だけなんて この爪だけなんて)


手なずけるゲームが流行ってる

冷たいゲームが流行ってる

よそを向かないで 抱きしめて

瞳をそらしたら きっと傷つけてしまう…

提供: うたまっぷ