歌詞

シオンの花が咲く丘で

ジル・ド・レイ

作詞
JOE
作曲
JOE

白く曇ったガラスに頬を

あてて眺めた 外は冬の色

重いコートに 夢をかさねて

汽車を降りれば 駅は枯れ葉色


想い出にいつも鍵を掛け

寂しさに夜がふけてく


OH-OH 夢追い人よ 飛べない鳥よ いつだって

OH-OH シオンの花が咲くこの丘の上で 待っている


見慣れはじめた この都会の空

初めて覚えた 嘘がつけなくて

部屋に戻れば 一枚の手紙

涙でにじんだ 文字は夏の声


溺れた月を抱きしめて

振り返る故郷が見えない

柔らかな空はどこにある?

哀しみに夜が泣いてた


OH-OH 帰らぬ空よ 帰らぬ河よ いつの日か

OH-OH シオンの花が咲くこの丘の上で 乾杯さ


汽車に乗り込む 足が重たくて

窓に映った空は…


溺れた月を抱きしめて

振り返る故郷が見えない

柔らかな空はどこにある?

哀しみに夜が泣いてた


OH-OH 夢追い人よ 飛べない鳥よ いつだって

OH-OH 帰らぬ空よ 帰らぬ河よ いつの日か

OH-OH 紫に染まる 小さく揺れた あの花よ

OH-OH シオンの花が咲くこの丘の上で 待っている


OH-OH 優しい君よ 優しい声を いま想い

OH-OH あの日の俺と あの日の君に この丘で

乾杯さ


OH-OH-OH-OH-OH

OH-OH-OH-OH-OH

OH-OH-OH-OH-OH

OH-OH-OH-OH-OH

OH-OH-OH

提供: うたまっぷ