歌詞

時を越えて

稲垣潤一

作詞
Yoshiaki Sagara/Hiroshi Shigemi
作曲
MAYUMI

もしも強い雨が

傷を刻むように

あなたを濡らす時は

傘になりより添う


もしも深い闇が

涙誘うように

あなたを包む時は

ひとすじの灯りになろう


抱くことが

ああ 僕の証だった

いまはただ想う

みつめつづけたいと


生命の Ah 輝き

あなたは持ちつづけよ

きっと Ah 時の河で

僕が守りつづけたい


もしも荒ぶ風が

明日を攫うように

あなたを叩く時は

森になりより添う


もしも長い夜が

過去を映すように

あなたを揺らす時は

炎えあがる焔になろう


抱くことが

ああ 僕の証だった

いまはただ想う

みつめつづけたいと


禍に流され

あなたが苦しむなら

きっと Ah 時を越えて

僕が辿り着こう


生命の Ah 輝き

あなたは持ちつづけよ

きっと Ah 時の河で

僕が守りつづけたい

提供: うたまっぷ