歌詞

April

稲垣潤一

作詞
Yasushi Akimoto
作曲
Yasuhiro Kido

April 蒼い陽射しの中で

素顔のままの君が バスを待っている

April 古い小さなトランク

僕のイニシャルの文字 抱えているよ


2人が暮したこの街

3度目の夏が来る前に君は出て行く

Wedding bell なんて言葉には

縛られたくないのと言って意地を張った


書きかけの油絵

君はふいに部屋の壁に倒しながら Good bye


April 窓からそっと見れば

いつものような君が バスを待っている

April まるで近くのマーケット

ニュースペイパー買いに 出かけるようさ


2人が愛していたのは

自由という君と僕のすき間だったね

いつでも少し引いている

お互いの心のポーズが素直じゃない


君の名を呼んでも振り向かない

風の向きに消されたのさ Good bye


April 4月になって君も

自由な恋以外に 何か見つけた


April 4月になって僕も

本当のこの気持ち わかりかけてた

April 4月になると誰も

旅立ちたくなるのさ 何か求めて

提供: うたまっぷ