歌詞

SAMISHISA'S ON MY MIND

アン・ルイス

作詞
湯川れい子
作曲
織田哲郎

きらめく 午后の

陽差しを 受けて

回転ドアーが 円舞を踊るよ

恋人たちは

南の海の

魚の彩りで 群れて遊ぶよ


都会はみんなまだ 夏の色

悲しみ知らない顔してる

わたしひとりだけ ポケットに

想い出が重すぎて 立ち止まる

SAMISHISA'S On My Mind

別れの海では

いそしぎが

音も無く 舞うわ

SAMISHISA'S On My Mind

記憶の渚で

あなた

手を振っているよ


シャワーの 後の

独りの部屋で

Zepのバラードかけて 歌うの

鏡の中の

水着のあとが

終った 鮮やかな夏を 運ぶよ


あの日の 涙は忘れても

焼けつく熱さは消えない

今はうずくまる 想い出に

微笑みをふり向けているけれど

SAMISHISA'S On My Mind

ダイヤル回して

無意識に

訪ねびと捜す

SAMISHISA'S On My Mind

悲しみ食べたら

少し

きれいになれるね

SAMISHISA'S On My Mind

別れの海では

いそしぎが

音も無く 舞うわ

SAMISHISA'S On My Mind

記憶の渚で

あなた

手を振っているよ

(SAMISHISA'S On My Mind)

(SAMISHISA'S On My Mind)

提供: うたまっぷ