歌詞

みみかきをしていると

國府田マリ子

作詞
戸沢暢美
作曲
亀井登志夫

みみかきをしていると

なんだかぼんやりしちゃいます

アタマの中の暗闇に

注意を集中させてるところ

いまだけ私は誰でもないの


みみかきをしていると

なんだか宇宙を感じます

普通の日々の つかの間に

はるかな場所への出口があるの

いまだけ私は旅する意識


気持ちがいいの

ドキドキするの

気持ちがいいの

時々目を閉じるの

けがしないようにやりたいの

聞こえているのは 自分自身の

なんて ひそやかな息づかい


みみかきをしていると

忘れたなにかを思い出す

むかし嫌いな おばさんに

もらった人形を花壇に埋めた

いますぐ誰かに叱られたいの


気持ちがいいの

ドキドキするの

気持ちがいいの

指先 信じてるの

やすらぎそうな刺激なの

誰ひとり電話かけてもこない

そんなシンとした夜でした


気持ちがいいの

ドキドキするの

気持ちがいいの

時々目を閉じるの

お茶が静かにさめてくの

聞こえているのは いとおしいよな

とても ひそやかな息づかい

ひそやかな息づかい


みみかきをしていると

みみかきをしていると

みみかきをしていると

みみかきをしていると

みみかきをしていると

みみかきをしていると

提供: うたまっぷ