歌詞

GOING GOING HOME

H Jungle With t

作詞
小室哲哉
作曲
小室哲哉

車のシートをバッタリ倒して 少しは眠ろうか?

4駆の部屋中にタバコの煙を プカッとただよわせて

このごろ明日がどうゆう日だって 何とも思わない

歌ってる夏を歌ってる 朝焼けをバックグラウンドミュージックにして

サーファーたちが 波間で夏を歌ってる

あいつは今ごろ幸せそな顔 気持ちよさそにきっと

寝息をたてて俺の夢でも 見てくれているのか

ずいぶん勝手なこっちの都合で 今までやってきた

わかってる だいぶわかってる 悪いのは誰?なんて

そりゃ海を眺めて ボケッとしていりゃわかるさ

走ってた おいらだけ1人で


GOING GOING GOING HOME 消える夢 かすむ夏 このままじゃ

もどりたい場所 おまえの胸でもう1度甘えてみたいよ


1人で来るんじゃなかったなんて 浜辺で思ってみたって

思いがつのって自分の甘さが 余計に身にしみる

いったいどれだけ女が男を 許してきたんだろ

海沿いはいつも同じ漂いで 来るたびに ほっとしてさ UH-

結局安心できるってことだろ!

忘れられなかった 失くしたくなかった


GOING GOING GOING HOME

いつからか どこからか 見つけちまった

もどりたい場所 おまえの胸でもう1度甘えてみたいよ


GOING GOING GOING HOME

抱きしめた あの夏を 忘れちゃいない

もどれない夏 すべては 心に誓って守ってそれから始まれ

GOING GOING GOING HOME

いつからか どこからか 見つけちまった

もどりたい場所 あいつの笑顔にもう1度 GOING GOING GOING HOME

提供: うたまっぷ