歌詞

雪あかりの町

小柳ルミ子

作詞
山上路夫
作曲
平尾昌晃

角巻で泣きそうな

顔をかくして歩くのよ

吹雪がやんだ北国の 雪あかりの町

ポストの雪を指ではらって

あなたに今日も手紙を出すのよ

見知らぬ町へひとりで行った人


あの人のいる町へ

今日ものぼりの汽車がゆく

汽笛がひびく北国の 雪あかりの町

このまま汽車に乗ってゆきたい

けれどもそれは出来ないことなの

ひとりっ子だからこの町出られない


雪崩の音が眠るわたしの

まくらの底でもうじきひびくわ

花咲く春が待ち遠しいわたし

提供: うたまっぷ