歌詞

イルカに逢った夏

SMAP

作詞
相田毅
作曲
野崎昌利

毎日が バケツをひっくり返したような雨

今年はとうに 夏をあきらめた

部屋の隅 中古のサーフボード出番がない

うらめしそうに 空を睨んで


そんな夏に 岬の海泳いでいる人を見た

美しい イルカのような君を


夏のせいじゃない こんな出逢い方したのは

神様が仕組んだ 雨の午後

肩の水着が 少しずれてのぞいてる

白い肌は街の人の色さ


太陽が 意地悪やめて顔出した午後

君とよく 浜に寝転んだ

陽焼した オイルの匂いツンと鼻をついて

薄目開け そっと見つめる


耳を飾る 小さな銀のピアスをとる仕草

なんだか 大人びている眩しい


夏のせいじゃない 喉の奥カラカラなのは

水平線に囲まれた この島で

息を吸い込み 海の中君と潜って

何かを探すように泳ぐ二人


夏のせいじゃない 君を好きになりかけてる

帰る日を聞くのが 辛いね

波に乗るように うまく気持ちを言えたなら

さよならの言葉を止められたなら


夏のせいじゃない こんな出逢い方したのは

神様が仕組んだ 雨の午後

肩の水着が 少しずれてのぞいてる

白い肌は街の人の色さ


夏のせいじゃない 君を好きになりかけてる

帰る日を聞くのが 辛いね

波に乗るように うまく気持ちを言えたなら

さよならの言葉を止められたなら

提供: うたまっぷ