歌詞

電車

岡村孝子

作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子

混み合う電車に押し込まれ

ガラスに額をつけたまま

大きなため息をついたら

なお気がめいる


どんなに悲しい夜ばかり

過ぎても会社に着いたなら

笑顔を振りまいて

Jokeの一つもとばす


何を求めて明日を探せばいいのか

大きな海を漂よう木の葉のようだわ


仕事を始めていたずらに

時間が流れていくけれど

けじめと名のついた

卒業証書がほしい


誰もが自分の生き方を

見つけて歩いてゆくけれど

私は変わらずに

私でいるしかできない


あなたを失くしてまでも決めた道を

悔やむほど弱くなった私をしかって


あなたを失くしてまでも決めた道を

悔やむほど弱くなった私をしかって


あなたを失くしてまでも決めた道を

進むほどずるくなって明日を変えたい

提供: うたまっぷ