歌詞

パズル

BLUE BOY

作詞
村松秀人
作曲
青木慶則

ひとつの恋に終わりを告げる

別れの言葉探してる

一年も経てば君もきっと

慣れ合いに気付いてる


遊び半分の僕と

前の彼氏忘れる為の君とじゃ

これだけ続くのも不思議で

こんな二人もありか なんて


街灯が二人を照らしてる 夜中の道 手をつなぎ

何度目のkissなの もう交わす言葉はない


傷つけてばかりだけど

二人の夜は君だけを

なんとなくが始まりの

二人の恋にサヨナラ


出会った頃から感じてた

すぐ終わる恋とわかってた

本気になるの恐かった

こんな二人はありじゃない


街灯が二人を照らしてる夜中の道

消えかかる灰色の月 眺めるふり


二人は次の言葉を

声にできずに感じてた

思い出に変わる時を

さぐりあうまま抱きあった


せめてこんな夜だけは

許してくれる君だけが

なんとなくが始まりの

二人の恋にサヨナラ

提供: うたまっぷ