歌詞

JUPITER

BUCK-TICK

作詞
櫻井敦司
作曲
星野英彦

歩き出す月の螺旋を 流星だけが空に舞っている

そこからは小さく見えたあなただけが

優しく手を振る


頬に流れ出す赤い雫は せめてお別れのしるし


初めから知っていたはずさ 戻れるなんて だけど…少しだけ

忘れよう全てのナイフ

胸を切り裂いて 深く沈めばいい


まぶた 浮かんで消えていく残像は まるで母に似た光

そして涙も血もみんな枯れ果て

やがて遥かなる想い


どれほど悔やみ続けたら

一度は優しくなれるから?

サヨナラ 優しかった笑顔

今夜も一人で眠るのかい?

Oh…

頬に流れ出す赤い雫は せめてお別れのしるし

今夜 綺麗だよ月の雫で 汚れたこの体さえも


どんなに人を傷つけた Uh…

今夜は優しくなれるから? Oh…

サヨナラ 悲しかった笑顔

今夜も一人で眠るのかい?

Oh…

提供: うたまっぷ