歌詞

きっと銀の針のような雨が

LINDBERG

作詞
渡瀬マキ
作曲
小柳昌法

降りだした雨 たそがれに 急ぐ人たち

こみ合う道の向こう側 信号待っている あなた見つけた


久しぶりだね 変わらない 静かな瞳

少し疲れた横顔に 切なさだけが よみがえる


遠くをみつめる視線を もうつかめない

あなたは今 何を見つめ 何を夢見ているの


きっと銀の針のような雨が この街に夏をつれてくるように

いつか胸をさす痛みも 優しい想い出に変わって行くの


どうか私に気づかないで 困らせたくない

バッグかざして 雨をよけるふりをしながらうつむいた


大切そうに 抱えてる小さな箱

この街のどこかに あなたを待つ人がいるのね


きっと銀の針のような雨が また夏を街につれてくるように

いつか こんなふうにあなたと出会ったこと 笑顔で話せるの


きっと銀の針のような雨が この街に夏をつれてくるように

いつか胸をさす痛みも 優しい想い出に変わって行くの


ずっと心にかけていた カギをはずし夏をむかえに行こう

提供: うたまっぷ