歌詞

愛が見えない

ZARD

作詞
坂井泉水
作曲
小澤正澄

あの頃は楽しかった 仲間も多くて

たわいもなく何時間も話してた

遊びの帰り いつも終電に乗り遅れたね

懐かしいな あのドーナツ屋さん


朝一番の始発で帰る私は ひどい顔

出かけていく時の私とは 別人の顔

このごろ逢えばケンカばかり 一緒に居すぎかな


愛が見えない 今の時代 都会(まち)はみんな 急ぎ足で

きっと誰もが 孤独なのに あなたも私も それを見せない!


一人で生きて行くほど強くないくせに

時々 独りになるのが好きになる

一番肝心な貴方(ひと)に 何故優しくできないの?

他の人には気を使うのに


電話を切ったのはどっちが先 私が先

「もう別れよう」と言い出したのは あなたが先

夢を捨てるのが大人なら 大人になんかなりたくない


愛が見えない もうこれ以上 あなたの海 泳げないわ

あんな風に あなたの事 愛せる人は 私しかいない!


愛が見えない もうこれ以上 あなたの海 泳げないわ

でも私の 幸せのカギ 握っているのはあなたよ

愛が見えない Only you forever すべて分かりあえなくても

言葉(やさしさ)より キスが欲しい 灼熱の夏に踊らせて!

提供: うたまっぷ