歌詞

Love&Hate

WANDS

作詞
上杉昇
作曲
柴崎浩

ダイヤもルビーも ポルシェもベンツも

ブランドの服も どうでもいい

目を疑うほど 晴れたこの天気でさえ

この胸の傷を 照らされるようで嫌い


履き慣れた靴も この見慣れた街並みも

あげくその笑顔も大嫌い


鏡を覗き込んで そこにあるすべてが

好きになれなきゃ きっと愛は遠のく


誰も永遠に 自分自身に

出会えないから 当たり前なんだけど

もしすべてが刹那から 始まるのならば

もう一度孤独を 抱きしめて


鏡を覗き込んで 見えないものとただ

一人きり向き合って もがき苦しむ

そして時が過ぎて また君と出会えたら

きっとそこに本当の 僕の姿が映るだろう


鏡を覗き込んで 見えないものとただ

一人きり向き合って もがき苦しむ

そして時が過ぎて また君と出会えたら

きっとそこに本当の 僕の姿が映るだろう

提供: うたまっぷ