歌詞

雨やどり

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

それはまだ 私が神様を信じなかった頃

九月のとある木曜日に雨が降りまして

こんな日に素敵な彼が現われないかと

思ったところへ あなたが雨やどり


すいませんねと笑うあなたの笑顔

とても凛凛しくて

前歯から右に四本目に虫歯がありまして

しかたがないので買ったばかりの

スヌーピーのハンカチ

貸してあげたけど 傘の方が 良かったかしら


でも爽やかさが とても素敵だったので

そこは苦しい時だけの神だのみ

もしも もしも 出来ることでしたれば

あの人に も一度逢わせて ちょうだいませませ


ところが実に偶然というのは 恐しいもので

今年の初詣でに 私の晴着のスソを 踏んづけて

あっこりゃまたすいませんねと笑う

口元から虫歯が キラリン

夢かと思って ほっぺつねったら 痛かった


そんな馬鹿げた話は 今まで

聞いたことがないと

ママも兄貴も死ぬ程に笑いころげる 奴らでして

それでも私が突然 口紅など つけたものだから

おまえ大丈夫かと おでこに手をあてた


本当ならつれて来てみろという

リクエストにお応えして

五月のとある水曜日に 彼を呼びまして

自信たっぷりに紹介したらば

彼の靴下に 穴がポカリン

あわてて おさえたけど しっかり見られた


でも爽やかさが とても素敵だわと うけたので

彼が気をよくして 急に

もしも もしも 出来ることでしたれば

この人をお嫁さんにちょうだいませませ


その後 私 気を失ってたから

よくわからないけど

目が覚めたら そういう話がすっかり

出来あがっていて

おめでとうって言われて も一度 気を失って

気がついたら あなたの腕に 雨やどり

提供: うたまっぷ